【データ】恋人がいない人が増えている?恋愛意識調査の分析とレンタル彼女の活用方法

,

昨今では、恋人を作らない選択を取っている人が増えてきています。生き方が多用化したことによって、結婚して家庭を持つことだけが必ずしも幸せに繋がるとは言い切れなくなりました。

今回は、株式会社リクルートホールディングスが行った恋愛意識調査を元に、どういった考えの人が増えているのか分析してまとめていきます。また、後半では恋愛意識調査を踏まえてのレンタル彼女の活用方法に関しても紹介していきます。

引用:ブライダル総研 恋愛・結婚調査

恋愛意識調査の結果その1:恋人のいない、出来たことのない人の割合

リクルートの恋愛意識調査によると、男性で現在恋人のいない割合は約7割。恋人が今まで出来たことのない割合が20代で約4割、30代で3割、40代で2割5分となっています。

全体を通して、かなり高い割合となっていますね。
特に20代で恋人が出来たことがない人の割合は高く、恋愛に対して奥手な人が増えている印象です。もちろんこの中には、そもそも恋人を欲しいと考えているわけではない人も含まれています。続けて、さらに深堀りしていきます。

恋愛意識調査の結果その2:恋人を欲しいと考えている人の割合

現在恋人がいないと答えた男性の中で、恋人が欲しいと考えている男性は53.9%。どちらとも言えないが25.9%。欲しくないと考えている人が20.3%。

どちらとも言えないという回答は、今は忙しくて欲しくはないけど、少し落ち着いたら欲しいといったところでしょうか。

この質問は20代に限定すると、恋人が欲しいと答えた人は57%に上がります。しかしそれでも数値としては低い印象です。

恋愛意識調査の結果その3:恋人が欲しいと思わない人の理由

男性が恋人が欲しいと思わない人の理由として多いのが、「独りの方が気楽だから」が最も多く、約6割(複数回答可)を占めています。次いで高いのが「恋愛が面倒だから」で、答えた割合は3割程度。

この2つの回答はどちらも意図としては近いと考えられます。恋愛以外にも楽しめるものが増えた、1人の時間を楽しめるコンテンツが増えたことが原因だと考えられます。

恋人を作らない・結婚をしないのも選択肢としてはアリ

恋愛意識調査をまとめた結果、恋愛に対して興味がない人が一定数いることが分かりました。

また、恋愛に対して全く興味がない人だけでなく、興味はあるけど面倒な人が活用できる、レンタル彼女のサービスも盛んになっています。疑似恋愛をする場としては今までキャバクラなどがありましたが、そちらは派手な女性のイメージが強く、レンタル彼女なら一般的な落ち着いた女性とのデートが楽しめます。

恋人を作りたくはないけどデートがしたい人にとっては、レンタル彼女は魅力的なサービスだと考えられるのではないでしょうか。

レンタル彼女を活用して恋人を作る方法

恋愛に興味がない人は増えていますが、恋人がいないけど欲しいと思っている人の割合の方が高いのは事実。最後に、レンタル彼女を上手く活用して恋人を作る方法をまとめました。

実践を積んで場慣れする

やはりレンタル彼女を活用して得られる経験としては、デートの実践経験でしょう。デートをしたことがあるか、デートに慣れているかどうかで、今後の恋愛にも大きく影響します。

マッチングアプリや友人の紹介で今後デートに行けそうな時に、レンタル彼女とのデート経験で活かせるものは多いはず。デートで緊張してしまうのは、経験がなくてどうすれば良いかわからないからという人がほとんどでしょう。

待ち合わせから移動、デートプランから道中の会話まで、1度経験しておくと今後のデートがスムーズにいきます。それにより自信が付けば、よりデートも盛り上がりやすくなるでしょう。

自分を客観視するために印象を聞いてみる

周囲に親しい女性がいない場合、女性目線での自分の見え方はわからないものです。今後恋愛をする上で悪い所を改善したいと思っても、どこを改善すれば良いのか検討がつかないのでは手がつけられません。

そういった場合には、レンタル彼女とのデート中に素直に聞いてみるのも1つの手です。「早口過ぎて聞き取りずらい」「歩くスピードが早すぎる」など、自分では気付かない点を教えてもらえるかもしれません。

まとめ

今回は、恋愛意識調査の結果をまとめました。恋愛に興味がなく、恋人が欲しいとはあまり思わない男性が増えていることがわかりました。
恋人が欲しい人もそうでない人も、レンタル彼女のサービスを上手く活用してくださいね。

ページの先頭へ戻る