【モテ講座】モテる男のLINEの特徴!おさえたおきたいLINEテクニック

はじめに

現代人の日常生活に必要不可欠となったLINE。
単なる連絡ツールとしてだけでなく、女性に好印象を与えられるツールとして多くの人が利用しています。
今回は女性にモテる男性はLINEでどういうテクニックを使っているのか、具体的な使い方をご紹介してみたいと思います。
ぜひ、参考にしてみてください。

用事から始める

気になる女性とLINEを交換できたとしても、いきなり雑談やどうでもいいことを送るのはNG。
逆の立場に立ってみれば分かりますが、まだ仲良くなっていない相手からいきなり親しげなメッセージが来たら戸惑いませんか?
まずはLINEをやり取りする関係を築くことが大切です。
用事を送ることから始めましょう。

返信は早すぎない

ある程度LINEのやり取りが続いたら、返信のタイミングに悩むと思います。
相手の気持ちを惹きたいなら、返信は早すぎない方がいいでしょう。
少し遅く返すことで相手があなたのことを考える時間が増えるメリットも。
ただ、いつも遅く返していると勘ぐられるかもしれないので、たまにはすぐ返すことも大切です。
恋愛に慣れていない男性は返信の早さについて、あまり考えすぎない方がいいかもしれませんね。

返信が来るまで送らない

気になる女性から返事が来ないと不安になって、また送ってしまうことってあると思います。
でも、そこはグッと我慢しましょう。
ガツガツ自分から何通もLINEするのはNGですね。

内容は短めに

LINEをやり取りする際、内容は長い方がいいのか短い方がいいのか悩むことありますよね?
モテる男性のLINEはダラダラと長くなく、まとまって分かりやすい文章のことが多いです。
ただ、そっけないのがいいのかというと、そうでもありません。
うまくスタンプや絵文字などを使うと効果的ですよ。

相手が返信しやすい内容

気になる女性とLINEする際、重要なのは会話が続くかどうか。
そのため、相手が返信しやすい内容を心がけましょう。
絶対にやってはいけないのが相手の話題をスルーすることで、自分に興味や関心がない話題でも、きちんと返信しましょう。
女性は相手に自分の話を聞いてもらいたいもの。
女性の会話に乗ってあげれば、会話は自然と盛り上がるはず。
返信しやすいLINEを送る秘訣は送信前に内容を読んでみること。
相手がその内容を見た時、返信しやすかどうかチェックした後で送信することを心がけましょう。

相手の興味のあることをチェック

女性は自分の興味のあることに共感してもらいたいと思っています。
そのため、相手の興味のある内容で盛り上がれば、高確率でデートに持ち込めるはず。
相手がどんなことに関心や興味があるのか、前もってチェックしておくといいでしょう。
たとえば、相手がカフェめぐりが好きだったとしたら、人気のカフェをいくつか調べておき話題にすれば、「今度一緒に行かない?」などと、誘うことができますね。

ポジティブな内容

モテる男性のLINEの内容にネガティブなものは一切ありません。
たとえば、「仕事でこんなイヤなことがあった」「疲れた」などと送ったりすることはありません。
モテる男性はポジティブな話題を送り、女性を楽しい気分にしてくれます。
つまり、相手を喜ばせることを大切にしているわけですね。
ただ、女性の体調が悪かったり、疲れている時に一方的にテンションの高いLINEを送るのはNGです。
ふつうの会話と同様で、相手の気持ちを考えながらメッセージを送ることが大切なんですね。

相手の変化に気づく

女性は自分に何か変化があった時、相手に気づいてもらいたいと思うもの。
たとえば、「今日はテンションが高いけど、いいことあった?」などと言われると、相手が自分に興味があるんだなとうれしくなるはずです。
もし、相手がSNSをやっているなら、何か変わったことがないかチェックしておくといいでしょう。
また、関心や興味のあることも分かると思いますよ。

メッセージだけでなく電話も

ある程度LINEでやり取りするようになったら、電話をかけると効果的。
電話はメッセージより相手との距離を縮めることができるツールです。
女性も気になる男性から電話がくるのをイヤだと思うはずがありません。
ただ、相手にも都合があるので前もってメッセージで電話できるか聞いてからする方のがいいでしょう。

まとめ

モテる男性のLINEテクニックをお教えしました。
ここでお教えしたことを参考にしても、まだ自信がない…という方はぜひ「プチカノ」を利用してみてはいかがでしょうか?
本命の彼女とLINEをやり取りする予行演習ができるかも?!
自然にモテるLINEテクニックが身に付くと思います。
ある程度慣れてきたら、思い切って本命彼女にラインを送ってみてください!

ページの先頭へ戻る