【恋愛占い】あなたが伸ばすべき魅力は!?

選択肢を直感で選ぶことによる、恋愛占い。

今回のテーマは「あなたが伸ばすべき魅力は!?」です。

どこを磨けば、異性の目にとまるのか、圧倒的なモテ期が到来するのかわかるかもしれませんので、是非、チェックしていってくださいね!

問題

あなたは、楽しみなデートの準備中!

以前、彼女からもらったプレゼントを、身に着けていこうと考えているのですが…。

さて、そのプレゼントとは何ですか?

A. マフラー
B. カーディガン
C. ブレスレット
D. ネクタイ

結果

Aを選んだあなたが伸ばすべき魅力は…!?

あなたは垢抜けて見える髪型を研究したり、肌を美しくしようと努力したり、相手に最も深い印象を与える「顔」について、どんどん磨いていくといいでしょう!

ニキビやヒゲなどが気になる人は、多少お金を掛けてでも、コンプレックスを1つ残らず解消していくイメージで頑張ってみてください。

また「歯」も相手に重要な印象を与えるポイントですから、放ったらかしになっていることが気になっている人は、一刻も早く歯医者へ行って治してもらうようにしてくてださい。

視力が悪い人は、そのことを逆手に取り、メガネやカラーコンタクトなどで、自分を魅力的に演出する方法について模索してみてください。

「人間は、顔じゃない!」と言われることもありますが、顔が良くなっていけばそれが自信につながり、自然と魅力的なオーラとして相手に伝わることになります。

顔を魅力的に見せようとするのは、あくまでも出発点。そこから始めて、最終的にはあなたという存在全てを、異次元なほど魅力的な存在へとブラッシュアップしていってください。

Bを選んだあなたが伸ばすべき魅力は…!?

あなたが積極的に伸ばしてみて欲しいのは「知的」な部分です。

ITなど、最先端なことに強いのも大事なポイントですが、哲学的なこと、宇宙的なこと、心理学的なことなど、人間にとって普遍的な部分における知恵も深めておいて欲しいところ。

1つのテーマについて、深く掘り下げて語れる人物であることがアピールできたら、あなたのモテ度は一気にアップしていくでしょう。

異性からだけでなく、同性の上司、同僚、後輩などからも、「面白い人だな」と思ってもらえることで、あなたの人間としての魅力はトータルでアップしていくはず。

どうやって知的な部分を伸ばしていったら良いか、その練習方法を把握しておきたい人は、「当たり前な現象を深く考え抜く」ことを意識してみてください。

たとえば、人間はモノマネのうまい人を見ると大爆笑しますが、それって一体何故なのだろう、と考えてみてください。そして、自分なりの言葉で表現をしてみてください。似ていることで面白いと感じ、ついつい笑ってしまうのは、よく考えればとても不思議なことです。

同じ目線で語れる相手を見つけることもあなたの魅力をアップさせる手助けとなるでしょう。

Cを選んだあなたが伸ばすべき魅力は…!?

あなたが伸ばすべき魅力は、手先を使って表現できる、器用な「テクニック」です。たとえば美容師さんなんかは、その類稀なる技術で人々を魅了しているわけですが、あなたも何らかの特技を見つけ、それを伸ばしていってください。

たとえば、料理を頑張るというのも素晴らしいアイデアでしょう。あるいは、レゴブロックでとんでもない大作を完成させられるとか、ピアノやギターで人気の曲を素早くアレンジできるとか。写真を撮るのがめちゃくちゃ上手い!という感じでもいいでしょう。

その技術そのものがあなたの人生を助けてくれることもあるでしょうが、もっとも大事なのは、強力なテクニックという武器を得ているからこそ、あなたの軸がしっかりとし、自信を持って堂々と明るく振る舞えること。普段、その技を披露するタイミングがそんなになかったとしても、奥底に自信を持っていれば、それはしっかりと相手に伝わります。

現在進行系で光っている能力がある人はもちろん、昔少しだけ挑戦して、それっきりになっている何らかの技術がある人は、再度その能力を磨くことに集中してみてください。

Dを選んだあなたが伸ばすべき魅力は…!?

あなたが伸ばすべき魅力は、大人としての包容力です。包容力とはすなわち「聞く力」のことと言い換えることもできます。

世の中には、せっかく高い能力を持っているのに、大好きな相手を目の前にした瞬間、そのことを必死でアピールしてしまい、相手からの好意を台無しにしてしまう人もいます。

「能ある鷹は爪を隠す」と言いますが、本当に優れた魅力を持っていて、自信のある人は、簡単に自分の能力をひけらかしたり、「見て見て!」「聞いて聞いて!」といって相手に自分の凄さを押し付けたりなどしません。

それよりも、とにかく相手の話に耳を傾け、相手の価値や魅力を受け止め、認めてあげて、褒めてあげてください。それを繰り返すことにより、あなたはどんな人からも真に必要とされる人間に成長していけるでしょう。

ページの先頭へ戻る